【MPメルマガ第309回】<プラットフォームビジネス編>世の中を変えてしまう新たなビジネス 第2部 ~固定費ってどうなの?~(2019年9月18日配信分)

こんにちは、MPCの中の人です。

今週も配信が遅くなっています。ごめんなさい…
謝っておきながら図々しいですが、宣伝です!

以前、メルマガに少し書きましたが、新サイトを立ち上げました!その名も…

『けいなび』

です!URLは下記の通りですので、暇なときにでも見て下さい!!!

http://keinabi.com

———————————————————————————————————
内山:「けいなびの発表早くないですか?」

岡崎:「そうそう。まだコンテンツ揃ってないだろ?昔やった<ロジカルシンキング編>のリライト記事とあとちょろちょろっと記事があるだけだろ?もうちょっと発表待てよ…」

中の人:「だって、待てなかったんですもん…。ドメインも取っちゃったし…。コンテンツに関してはこれからちょくちょく記事をアップするから大丈夫!」

岡崎:「メルマガ読者の皆さまは3日に1回ぐらい見てあげて下さい。更新されているかもしれないので」

内山:「アクセスが無いと中の人がモチベーション下がって放置してしまうかもしれないので、よろしくお願いします!」

【プラットフォーマーの固定費】

岡崎:「前回はプラットフォームビジネスは変動費が掛からないって話だったけど、固定費はどうなんだ?」

中の人:「分かりません!」

内山:「分からない?調べて無いんですか??」

中の人:「はい。調べようとは思いましたよ。ただ、恐ろしく面倒なので止めました」

岡崎:「調べとけよ…」

中の人:「だって、相手は海外の企業ですよ?日本の企業ならぱっと調べられますけど、海外だから英語の決算書を解読しながら費目調査して、4半期ベースで出されている決算を通年に直してってことをやらないといけないわけです。場合によっては為替レートも考慮しなきゃいけないかもしれないですし…。こんなことメルマガでやってたら配信日がいつになるか分からないですよ」

内山:「まあ、それはそうですけど…。そんなに堂々と『面倒だからやってない!』って公言しないで下さいよ…」

中の人:「でも大丈夫。もしかしたら、けいなびで記事にするかもしれないので」

岡崎:「いつになることやら…。ってことは固定費の話は出来ないか…」

中の人:「そうでもないですよ。『こうじゃないか?』って推測は出来ますから」

【プラットフォーマーの固定費を推測してみる】

内山:「で、中の人はプラットフォーマーの固定費はどうなってると思うんですか?」

中の人:「結論から言っちゃうと少ないんじゃないですかね?ただ、会社の規模が規模なので絶対額は大きいと思いますけど、対売上比みたいな相対的な基準では少ないんじゃないかなぁ…」

岡崎:「その心は?」

中の人:「まず人件費ですけど、売上高に対して従業員数が少ないんですよね。例えば
     グーグルの場合は売上高が大体15兆円ぐらいに対して従業員数は10万人くらい。
     フェイスブックは売上高が大体6兆円で従業員数は3.5万人。
     アマゾンとアップルは非プラットフォーム部門の影響が大きいから除外。
     他だと、スポティファイが5,000億円で従業員数が3千人~4千人ぐらい。
     ちなみにトヨタは売上高30兆円で従業員数37万人なので、プラットフォーマーは売上規模に対して従業員数は少ないのかなって印象です」

内山:「だけど、基本的にコンピューターを駆使してビジネスをしてるから従業員は少なくて済みそうですよね。そう考えると、中の人が言う人件費が少ないって理屈は一応成り立ちそうな気がする」

中の人:「とはいっても、今回の比較はかなりざっくりとやっていて、従業員数の内訳もしっかり調べたわけじゃないし、売上高も連結だし、そもそも売上単価の影響を考慮してないからデータとしてはいい加減ですけどね」

岡崎:「プラットフォーマーは高給取りが多いから従業員数が少ない=人件費が少ないってわけじゃないかもしれないからな」

内山:「でも、まあここでは人件費は低いんじゃないか?って結論ですね」

中の人:「続いては設備費です」

内山:「設備費は安そうですよね」

岡崎:「そうだな。機械が必要だったり、店舗が必要だったりするわけじゃないから設備費はそんなに掛かってなさそうだよな。必要な設備っていうと会社の建屋とサーバー置いておくデータセンターぐらいか?」

中の人:「私もそれぐらいだと思います。だから設備費も安いはず」

内山:「ということは、お金が掛かりそうな人件費と設備費が安くて済むから固定費も安いはずって結論でいいですか?」

中の人:「そうですね。理屈で考えると事業の運営に掛かってくる固定費は少ないと推測されます」

岡崎:「そうすると、プラットフォームビジネスって夢のようなビジネスだな。構造的にはめちゃくちゃ利益出るだろ」

中の人:「はい。だから、数年で急成長したりするんじゃないですかね」

内山:「なるほど~。だけど、なんか話が上手く行き過ぎてる気もする…」

岡崎:「どこかに落とし穴ありそうだよな…」

中の人:「私もそう思っています。以前も、ネットワークが資産になっているからリスクがあるって話を少ししましたけど、他にも色々とありそうなんですよね。ということで、次回は『急成長するし、利益率も高いけど、こういう落とし穴があるんじゃない?』といった話をしようと思います」

メルマガ登録はこちら