【MPメルマガ 第76回】<組織編>組織って何だ? パート6 ~あれもしたい…、これもしたい…~(2016年3月29日配信分)

こんにちはMPCの外山です。

最近「ちょっとしたひと言」がありがたいです。「メルマガ楽しみにしてます」とか「今やってる話面白いですね」とか「以前もらったアドバイス助かりました」とかそんな感じのひと言が非常にありがたいです。

そんな言葉を頂きながら「もっと頑張らなきゃ!」と思う今日この頃です。

久しぶりにまともなことを言って始まった今回のメルマガですが(笑)
前回までのおさらいです。

【前回までのおさらい】

”組織”と”集団”は違う
      ↓
”集団”に「目的の共有」「役割」「行動の統制」が伴ったものが”組織”
      ↓
強い組織ほど「目的の共有」がされている。
      ↓
強い組織は”カリスマ的リーダー”や”スーパースター”がいなくても機能する
      ↓
リーダーの仕事は「メンバーを目的地に導くこと」
      ↓
リーダーの仕事はリーダーだけでは出来ない。フォロワーの存在が実は重要
       ↓
目的は「①シンプルであること」「②分かり易い言葉で表現されること」「③組織のメンバーに関係すること」が重要
      ↓
目的がシンプルで無い(=複雑だと)結局何がしたいか分からなくなる←前回ここ

今回も「目的がシンプルであること」の話です。

【あれもしたい…、これもしたい…。】

前回の話の中で言いたかったことは要は、「目的(やりたいこと)を絞り込め」ということです。ただですね。そうは言っても中々難しいわけですよ…。現実的には「あれもしたい…、これもしたい…」ってなるわけです。エネルギーに溢れていたり、逆に不安だったりするとこうなります。(偉そうに書いている私自信がこういう状態によくなってますからね…)じゃあ、そんな時はどうするのか?

『目的に優先順位を付けましょう』

目的が複数あるのであれば、目的をA、B、C、Dの順番に優先順位付けしましょう。で、「目的Aを満たす範囲内でBを行う」「目的A・Bを満たす範囲内でCを行う」というルールを作りましょう。順番が上の目的が下位の目的を縛るという関係です。

ちょっと分かり辛いかもしれないので、実際の会社の例でこのことを説明します。

【ディズニーリゾートの”SCSE”】

紹介するのはみんな大好きディズニーランドです。今回のシリーズの最初にも出てきました。ディズニーには”SCSE”という有名な組織としての考え方があります。

(実のところこれは”行動基準”なので、もっと後で「行動の統制」の話になってから紹介しようと思いましたが、優先順位を付ける上での考え方としては非常に参考になるので今紹介しておきます)

”SCSE”とは何かと言うと、「S=Safety(安全)」、「C=Cortesy(礼儀正しさ)」、「S=Show(ショー)」、「E=Efficiency(効率)」この4つの言葉の略です。詳しくは東京ディズニーリゾートのHPに書いてあるので見ておいてください。

で、この順番が大切です。この順番がそのまま行動の優先順位です。だからディズニーにとっては「安全が最優先、効率は一番最後」ってことです。

具体的な事例を上げると、ディズニーではパーク内を掃除するキャストの人が「立ったまま足で雑巾がけをします」これ良く考えると行儀悪いですよね?でもディズニーとしてはこれはOKです。なぜなら、もし、しゃがんで雑巾がけをしていたら誰かがぶつかるかもしれません。

そうすると、「しゃがんで雑巾がけをする」という行為は最優先の「安全」の基準を満たしていないことになります。これはディズニー的にはNGです。だったら「行儀悪い」と思われても、「立ったまま足で雑巾がけをする」これがディズニーの考え方です。逆に言ってしまえば、「礼儀正しいことでも、安全でないことはやってはならない」ということです。

だから、ディズニーではいくら面白いショーでも礼儀を欠いていたり、危険なものはやりませんし。効率が悪くても、お客様が「安全」かつ「気分よく」かつ「楽しめる」ことであればやります。

これが先ほど書いた「上位の目的が下位の目的」を縛るってことです。そしてこれが『目的に優先順位を付ける』ということです。

【優先順位がしっかりしてればブレない】

優先順位がしっかりしていれば、目的がブレることはありません。なぜなら…
「一番やりたいことはこれだ!」とはっきり言えるからです。

仮に何らかの事情があって2番目・3番目の目的を優先しないといけないことになっても、「今はこうせざるを得ないけど、本来はこうだ!」と言えますよね。

要は、『本来あるべき姿がはっきりと示せる』ってことです。

ですので、もし「やりたいこと」とか「やらなければいけないこと」が複数ある方は一度優先順位をゆっくり考えてみて下さい。

次回は残り2つの条件の話をします。

では・・・。

メルマガ登録はこちら