工場の生産性を上げるためには、まずは効率的かつ安定した生産工程を作らなければなりません。生産能力向上支援では生産工程の生産能力の底上げを行うことにより「新規受注のための生産余力の確保」「労働時間の短縮」「短納期化・小ロット化・在庫削減のための土台作り」を行います。

課題

●新規受注が出来るように生産能力を確保したい
●残業時間を削減したい
●納期遅延・受注残を解消したい
など

コンサルティング内容

STEP1 現状調査フェーズ

●CT/MCT調査
●稼働率/可動率調査
●非可動要因調査
●人員配置調査
●負荷時間調査
など

STEP2 管理体制構築フェーズ

●出来高管理
●生産日報管理
●変化点管理
●標準作業・作業手順
などの管理体制の構築

STEP3 改善フェーズ

●改善目標の設定
●定例改善ミーティング運営(改善アイテム出し・進捗管理の実施)

※会社様の状況やご要望により内容は変更することがあります。

関連記事

>>コンサルティング事例