付加価値の高い事業領域への ビジネスモデル転換による収益性の向上

企業概要

企業名:A社

業種:繊維製品製造業

従業員数:40名

課題

A社は繊維製品の製造を営むメーカーです。A社は長年の価格競争の影響から売上高はあるものの収益性が低い状態にありました。

A社はこれまで収益性を向上させるために、固定費の削減などの対策は行っていましたが、固定費の削減だけでは限界があるため、抜本的な対策を行うためにはビジネスモデルの転換を行い、限界利益率を向上させることが必要でした。

実施事項

A社へのコンサルティングでは主に下記事項を実施し、課題の解決を図っていきました。

製品群別の利益率調査

製品別に限界利益率を調査し、高い収益が期待出来る製品群・顧客群を明らかにしました。その結果、現在は取引規模が小さい物の高収益が期待できる製品群・顧客群が存在することが判明しました。

市場調査

高収益の製品群を中心に市場調査を行い、今後の成長性を調査しました。

損益計画の作成

市場調査の結果高収益の製品群は今後の成長性も期待できるとの結論に至ったため、今後はこれらの製品群に注力する方針で長期の損益計画の作成を行いました。

人材採用・設備投資計画の作成

A社は人材の高齢化・設備の老朽化の問題があり、現状のままでは新たな事業領域に展開したとしてもリソースが不足して、十分な事業展開が出来ない恐れがあったため、人材採用・設備投資の計画を立案し、事業展開に合わせて投資も行っていくこととしました。

資金調達

投資資金の調達のために金融機関への事業計画の説明、資金調達交渉にも参加し投資資金の確保を行いました。

成果

新たな事業計画の開始によりA社の限界利益率は2年間で約2割程度向上することとなり、損益分岐点が引き下がったことで従来よりも利益が出やすい体質となりました。

また、新たな事業領域に展開することで社内も活性化し、従業員のモチベーションも高まるなど、組織面での効果も得ることが出来ました。