こんにちは、MPCの中の人です。

最近ウチのホームページをちょこちょこマイナーチェンジしています。

アクセス解析して気になったところを改善しています。
まあ、効果があるかどうかは分からないですけど、こういう細かい改善が重要だと
思っているので、時間を見つけて少しずつ改善しています。

—————————————————————————-
内山:「こんにちは~。お盆過ぎてもやっぱり暑いですね…」

岡崎:「だよな~。多分9月の後半までは暑いって言い続けるんだろうな」

中の人:「だけど、多少湿気は無くなってきた気がするんですけど、どうでしょう?」

内山:「あ、それはそうかもしれませんね。7月に比べたら過ごしやすいかも」

岡崎:「まあ、これからは過ごしやすい季節になってくるから、あとちょっとの我慢だと思って頑張ろう」

【日々の目標って立ててますか?】

内山:「今回からは具体的な改善ネタの探し方の話ですよね?『こういうことやれば改善出来るよ』って
    話が出てくるんですよね?」

中の人:「そうです。まずは何を話そうかな…」

岡崎:「最初はあの話しておいた方がいいんじゃないか?」

中の人:「あ、そうですね…」

内山:「あの話って何ですか?」

中の人:「業務改善やるときに最初にやって欲しいことなんですけど…。
      『日々の仕事の目標を立てて下さい』」

内山:「日々の目標?」

岡崎:「そう。『1日当り何個製品を作る』とか『製品1個を〇〇分で作る』とかそういう目標」

中の人:「事務仕事だったら『資料作りを2時間で終わらせる』とかそんな感じの目標です」

内山:「それ、意味あるんですか?」

岡崎:「しっかりやったらめちゃくちゃ意味あるぞ。なあ?」

中の人:「そうです。ちゃんとやったらこれだけで生産性が1割~2割上がったりします」

内山:「マジで?」

【目標を立てたらきちんと管理しよう】

岡崎:「ただ、目標を立てるだけじゃだめだぞ」

内山:「何か他にやるべきことが?」

岡崎:「目標を立てたら必ず『出来た/出来ない』の管理もセットでやること。これが大事」

内山:「あー、そうか…。やりっぱなしじゃ駄目ってことですね」

中の人:「そうです」

内山:「だけど、目標の管理って今までやったこと無い人にとっては難しいですよね?
    こうやったら良いよってアドバイスがあれば教えて欲しいんですけど…」

中の人:「じゃあ、その話は岡崎さんにしてもらいましょう」

【日々の目標管理のやり方】

岡崎:「え?俺???まあ、いいや…。じゃあ、順を追って説明していくぞ。まずは『STEP1 目標を決める』だ」

内山:「目標が無かったら話になりませんからね…。だけど、その目標の決め方が難しいんだよなぁ…
    目標ってどうやって決めるんですか?」

岡崎:「まず最初は『何で改善が必要なのか?』ってところを改めて考えることからスタートかな」

内山:「改善の目的を考えるってことですか?」

岡崎:「そう。で、『その目的を達成するためにはどれだけ改善しないといけないのか?』ってことを
    目的から逆算して考えたら目標は決まってくると思う。例えば…
    100個の製品を10時間掛けて作っているのを、8時間で作れるようにしたいなら、
    改善目標は”時間当り出来高を10個/Hから12.5個/Hにアップさせる”ってことになる」

内山:「なるほど…。そうやって目標を決めるんですね」

岡崎:「ある程度『えいや!』って決めてしまう部分があってもいいけど、原則としてはこんな感じ」

内山:「目標を決めたら次はどうするんですか?」

岡崎:「次は『STEP2 目標を現場に掲げる』つまり、目標を現場の従業員さんと共有するってことだな。
    ときどき『目標は皆分かってるはずです!』って言って、これやっていない会社さんいるけど、
    意外とそういう会社さんほど従業員さんは『え?そんな目標なんですか???』って状態だったりするから
    これはやった方がいいよ。社長だけが目標持ってて、従業員さんは知らないじゃ意味ないから」

内山:「ウチもその状態かも…。気を付けます」

岡崎:「で、その次にやることが『STEP3 実績の管理』。目標に対する結果を記録していくってことだな」

中の人:「ちなみに私はこれをやってもらうためにホワイトボードか模造紙に”目標管理表”ってものを書いてもらって
      現場に置いておくことをお勧めしています」

内山:「ほう…。”目標管理表”ってどんなこと書くんですか?」

中の人:「いや、大したことは書きませんよ。こんな感じの表を書いてもらいます

      <目標管理表>
     
        日付     |   目標   |   実績   |   評価  | コメント   
       8月22日    | 12.5個/H  | 13個/H | 〇   |

※表がずれていたら申し訳ありません

      で、これを日々記入してもらって実績の管理してもらいます」

内山:「なるほど、こうやって表を作って管理したら分かりやすいですね」

岡崎:「そして大切なのがこの後に行う『STEP4 評価』だ。
     ここでは目標と実績を見比べて目標達成していれば評価に大きく”〇”とか”GOOD!”とか
     書いてあげる。もし、目標未達ならその理由や対策ををコメント欄に書いておく。
     こうやってきちんと評価をして、『私たちは会社としてあなたの仕事ぶりを見てますよ』
     『目標達成出来るようにサポートしますよ』って意思表示をすることが大切」

中の人:「ちなみに私の経験上、目標達成出来た時に評価の欄に大きく”GOOD!”とか”〇”って書いてある
      会社さんはその後の改善も順調に進む傾向にあります。もちろん『出来なかった理由』を知ることも大切ですけど、
      『出来たことを褒める』っていうのはそれ以上に重要です」

岡崎:「上手く褒めると目標達成することが面白くなるのか、勝手に改善進める人も出てきたりするよな?」

中の人:「そうですね。まあ、そういう人を1人でも増やすのが目標管理の最終的な目的なんですけどね」

岡崎:「結構こうやって簡単な目標管理をしてみるだけで改善が進んで、気が付いたら生産性が上がってたなんてことも
     よくあるから、内山君も一度騙されたと思ってやってみなよ」

内山:「そうですね。今日早速やってみます」

メルマガ登録はこちら

ミニオンラインセミナーバナー