こんにちは、MPCの中の人です。

5月も中旬を過ぎました。そろそろ梅雨がやってきますね…。
今年はきちんと雨が降るんだろうか?

—————————————————————–
松本:「前回は営業CFの計算方法の話でしたけど、投資CFとか財務CFはどうやって
    計算するんですか?」

岡崎:「おー、今週はいきなり本題をぶっこんできたな…」

中の人:「まあ、今週は冒頭の話題も無いのでいいんじゃないですか?」

内山:「じゃあ、今回はキャッシュフローの改善の話の前にその話題からですね」

【投資CF・財務CFの計算方法】

岡崎:「投資CFも財務CFも営業CFみたいに複雑な計算はしないから
    計算自体は簡単なんだけど…。一応説明しておくか。じゃあ、まずは投資CFから」

松本:「お願いします」

岡崎:「投資CFはまず有形・無形の資産を購入したときの支出を計算する。もし、100万円の
    設備を買っていたら『固定資産取得に伴う支出 △100万円』ってなるね」

松本:「はい」

岡崎:「もし固定資産を売却していたらそれは収入だから逆に『売却に伴う収入』としてプラス計上する」

松本:「設備を20万円で売ったら現金収入が20万円あったということですね?」

岡崎:「そう。で、固定資産の処理が終わったら有価証券の処理を行う。株を売ったり買ったりして得た
    収支も固定資産と同じように処理する。あとは全ての数字を合計して終了」

松本:「簡単ですね。じゃあ、財務CFは?」

岡崎:「財務も簡単だよ。まずは、借入金の計算。借入をして現金が入ってきたら財務CFとしてプラス処理して
    返済したらマイナス処理する。このとき気を付けるのは元本のみが対象ってことね。利払い分は営業CFに含めるから」

松本:「なるほど」

岡崎:「通常は借入金のみが財務CFの対象になることが多いけど、もし株式を発行したり、配当を出したりして現金の収支が
     あればそれも計算に含める。『株式発行に伴う収入 ○○円』『配当金 △○○円』みたいな感じだね」

内山:「営業CFの計算に比べると随分簡単ですね」

岡崎:「だね。ただ純粋に現金の出入りの計算しておけばいいだけだからね。まあ、営業CFも売掛・買掛と在庫の調整に
    慣れればすぐに計算出来るよ。最初のうちは大変かもしれないけど、一度自分でやってみることをおすすめするね」

【キャッシュフローの改善方法】

岡崎:「じゃあ、今回の本題のキャッシュフローの改善方法に入っていこう。ちなみに今回説明するのは厳密には
    営業CFの改善方法ね」

内山:「営業CFは本業で生み出されるキャッシュフローだから重要ですね」

中の人:「そうです。キャッシュフローの改善をするときはここから手を付けないと根本的な改善にはならないので」

岡崎:「営業CFを改善する方法は…
    ・利益を増やす
    ・売掛金を減らす
    ・買掛金を増やす
    ・在庫を減らす
    ざっくり言ってこの4つに分けられるんだ」

松本:「利益を増やすっていうのは分かります。利益が増えれば現金収入も増えるはずですからね。
    でも、他の3つはどうすればいいんですか?」

【売掛金を減らす】

岡崎:「まずは売掛金から説明していこう。ここでまずやらないといけないのは『現金の回収をきちんとやる』
    ってこと。お客さんからの入金日になっても支払がされないときはきちんと入金が無い旨を伝えて
    フォローをするってことだな」

内山:「それは基本ですね」

中の人:「そのためにも誰からいついくら入金されるのかを書いた管理表を作っておくことをおすすめします。
      取引先が多くなるとモレが発生しますからね」

岡崎:「売掛金を減らすためには支払サイトを短くするって方法もある」

松本:「支払サイトって何ですか?」

中の人:「取引が発生してから支払が行われるまでの期間のことです。例えば月末に取引が発生して
      翌月末支払ならサイトは30日。翌々月なら60日です」

松本:「なるほど、早く現金が回収出来ればそれだけキャッシュフローは改善しますからね」

中の人:「他にも一括払いや現金払いを勧めるって方法もあります。ただ、単に『一括払い・現金払いでお願いします』
      ってお客さんに言ってもお客さんには何のメリットもないので、代わりに割引をするのが一般的ですが」

内山:「『一括払い頂くと料金がお安くなります』ってやつですね」

中の人:「そうです。まあ、売掛金の代表的な改善方法はこんな感じですかね」

【買掛金を増やす】

岡崎:「次は買掛金の話だけど、これはやたらめったら買い物をして買掛金を増やすって意味じゃないからな」

内山:「そんなこと分かってますよ…。出来るだけ後払いにして現金の支出を遅くしろってことですよね?」

中の人:「そうです。ただ、個人的には支払を遅くしてキャッシュフローを改善するのはあまりお勧めしないですけどね」

岡崎:「まあそうだな…。支払を遅くしても支払そのものが無くなるわけじゃないから、一時的な対策に留めておいた
    ほうがいいな」

内山:「あまり支払日が遅くて金払いが良くないって思われても嫌ですしね」

【在庫を減らす】

岡崎:「最後は在庫を減らすという対策についてだけど…」

松本:「これは在庫の話のときに説明がありましたね。在庫を持ちすぎると資金繰りが
    悪化するという話でした」

岡崎:「そう。だからキャッシュ面で考えると在庫は少なければ少ない方がいい」

内山:「だけど、具体的にはどんなことをすればいいですか?」

岡崎:「まあ、出来るだけ在庫が少なくても業務が回る仕組みを作るっていうのが理想だけど、
    まずはしっかり在庫の管理をすることが大切かな」

中の人:「そうですね。まずはそこからでしょうね。日々の入出庫を管理して、
      何がいくつあるのかってことを常に把握しておくことが大切です。在庫の管理が
      ずさんになってくると余分な在庫を抱えがちになりますから」

松本:「確かに『あれ?あの材料ってまだあったっけ?分からないから仕入ておこう』ってことを
    繰り返して、気が付いたらやたら在庫が溜まってたってこともありますからね」

内山:「うちの会社は工具とか備品類でそんなことがよくあります…」

中の人:「私はこの前スーパーに買い物に行った時に、肉が安かったので買ってきたら、
      奥さんに『まだ冷蔵庫の中に残りがあるのに何で買ってくるの!』って怒られました…」

岡崎:「お前は自分の家の冷蔵庫の在庫管理が出来てないな…」

メルマガ登録はこちら