こんにちは、MPCの中の人です。

「本が売れている!」

という夢を見ました…。さて、どうなることやら…。

先週は急遽<出版記念号>をお送りしましたが、今週から通常稼働です!

では、どうぞ!

——————————————————————————–
岡崎:「やっと通常稼働になったな…」

内山:「そうですね」

岡崎:「長々と<特別編>に付き合わされたと思ったら、先週は宣伝に付き合わされたからな…」

内山:「今週から2人でのびのびと出来ますね…」

???:「こんにちは~」

内山:「あれ?誰か来ましたよ」

岡崎:「本当だ…。誰だろ…。は~い、どうぞ~………。うわっ!!!」

内山:「岡崎さんどうしたんですか?……あ!どうして???」

中の人:「どうも、こんにちは!」

岡崎:「お前、何しにきた?もうお前の出番はないはずだぞ!」

中の人:「いや…、本当は前回で私も元の世界に帰るつもりだったんですけど、
      帰ったらなんだかさみしくなっちゃって…。もう解説編もないから私やることないんですよね~。
      だから、これから私も毎週こっちの世界に来てお2人と一緒に話をしようと思って…」

岡崎・内山:「嫌だ!帰れ!!」

中の人:「あ…。そういうこと言うんだ…。そういう態度に出るならいいですよ、私も”真の力”使いますから…」

内山:「岡崎さん、やばいですよ…。これ、仲間に入れてあげないと僕らまた消されますよ…」

岡崎:「そうだった…。こいつ俺たちのことを消す力を持ってるんだった…」

内山:「そうです。約1年前に僕らそれで制裁を受けましたからね。メルマガの号数で言えば”第137回”
    ”第138回””第149回”あたりの出来事です…」

岡崎:「じゃあ、中の人も仲間に入れてやるか…」

中の人:「やった~!あ、でも私があまり話すとお2人に悪いので、これからは基本お2人に話をして
      もらって、私は補足説明とか解説メインで話をすることにしますね」

岡崎:「『お2人に悪い』という気持ちがあるなら”真の力”とか言って脅すな…」

【<会計編>スタート!だけど、その前に…】

内山:「さて、前置きはこれぐらいにして本題に入りましょう。今週からなんですけど、
    会計の話を教えてもらっていいですか?」

岡崎:「おお、いいよ!だけど、何で会計のこと聞きたいの?」

内山:「いや、前々から会計の勉強はしないといけないと思ってたんですけど、
    数字に弱いからついついやってなくて…。でも、僕も経営者ですからね、
    最低限の会計の知識は持っておきたいと思って…」

岡崎:「オッケー、そういうことね。じゃあ、ざっくりと会計の入門知識の話をこれからしていこう」

内山:「お願いします」

岡崎:「あ!会計の話をするならあいつも呼んでおこう…。おーい、松本君!」

松本:「こんにちは、岡崎製作所の松本です。内山さんお久しぶりです。
    えっと、こちらの方は…」

中の人:「どうも、”中の人”です」

松本:「あ!この人が噂に聞く”中の人”ですか?社長から話は聞いてます」

中の人:「そうですか。宜しくお願いします。ちなみに岡崎さんからどんな話を?」

松本:「『見た目と話し方、雰囲気がマッチしていない年齢不詳の人間だ』とか
    『思ってるより、コンパクトサイズの人間だ』とかそんなことです」

中の人:「………」

岡崎:「松本君!空気読んで!!」

松本:「あ!すみません…。社長がいつもそう言ってるもんですからつい…」

岡崎:「だから、空気読めって!!!」

中の人:「いや、いいんですよ松本さん…。松本さんは悪くありません。ねえ、お・か・ざ・き・さん?」

岡崎:「あ…。うん…そうだね…。ちなみに今回松本君を読んだのは、
    前々から会計のことを勉強したいって言ってたからなんだ。な?」

松本:「そうです。僕は前から製造現場を担当してるんですけど、現場を担当するものとしても
    『会社の利益がどうやって生まれるのか』、とか『会社のお金がどうやって流れているのか』
    ことは知っておきたいって思ったんです。だから、今回はいい機会だから一緒に勉強させてもらいます」

内山:「そういうことですか。従業員さんの立場から会計のことを勉強するのも大切ですからね。
    じゃあ、よろしくお願いします。でも、1つ気になることがあるんですけど…」

岡崎:「何?」

内山:「いや、松本さん普通に『ご存じ!松本です!!』みたいな感じで登場しましたけど、
    いいんですか?メルマガ読者の人たちは『え?松本って誰??』ってなってると思いますけど…
    松本さんの紹介とか要らないですか?」

岡崎:「それは要らないんじゃない?彼が何者かは中の人の本に書いてあるし…」

中の人:「そうです。本の物語の中では”準メイン”のキャラです。
      一応紹介しておくと、彼は岡崎さんの会社”岡崎製作所”で製造のリーダーをやっている人です。
      紹介は以上です」

内山:「紹介が雑すぎる…」

【会計編の内容】

内山:「で、<会計編>ですけど、どんな感じの流れになりそうですか?」

岡崎:「基本的には内山君からの質問に答える形だけど、大きな流れとしてはまずは、
    会計用語の解説から始めようかなって思ってる。結構会計って専門用語多いからね。
    その後は会計指標の読み取り方でもやろうかな…」

内山:「折角話聞くなら決算書とか準備しておいた方がいいですかね?」

岡崎:「そうだね。具体的にイメージがしやすいから決算書あるなら一式用意しておいて」

内山:「じゃあ、取ってきます」

内山:「決算書取ってきました!じゃあ、お願いします」

岡崎:「…内山君。決算書持ってきてもらっておいて申し訳無いんだけど、
    今回は時間が無くなっちゃったから、ここまでで終了です。本格的なレクチャーは来週からにしよう」

内山:「えー、マジですか?」

中の人:「余計なこと話し過ぎたのがいけなかったですね…」

岡崎:「お前が言うな!」

メルマガ登録はこちら

セミナーバナー