こんにちはMPCの外山です。

毎日蝉がうるさいです!特にクマゼミは加減を知らないらしく、
毎日全力で鳴いております。

2週間前に「あと1ヶ月もしたら、蝉がうるさいって言い出す」って
言いましたが、1ヶ月どころか2週間で「うるさい」って言い出しました(笑)

蝉に負けずに今週も元気よくいきましょう!

では、物語をどうぞ!

——————————————————————–
岡崎:「8月に入ったね~」

内山:「入りましたね~」

岡崎:「まだ小中学生は元気な時期だね」

内山:「お盆前まではまだまだ夏休みあるって思いますからね」

岡崎:「そう。それで、お盆が過ぎると急速にテンションが落ちるわけだ。
    大体”ツクツクボウシ”が鳴き始めるとともにテンションは下がるね」

内山:「そういえばいましたね。ツクツクボウシ。バリエーション豊かな鳴き方する蝉ですよね?」

岡崎:「そう、それ。夏休みの終わりを告げる”恐怖の蝉”と俺は読んでるけど」

内山:「”恐怖の蝉”って…。まあいいや…。
    ところで、今日はちょっと教えて欲しいことがあるんですけど」

岡崎:「はい。何でしょう?」

内山:「人に1回で物事を覚えさせる方法って無いですかね?」

岡崎:「ん?どういうこと??」

内山:「実は新人さんの教育を担当している従業員から、
    『1回で仕事を覚えさせるいい方法ないですか?』って聞かれまして…。
    で、何かいい方法は無いかな~って思って」

【繰り返し伝えることが大切】

岡崎:「あー、なるほど、そういうことね。確かに誰しもが思うことだね」

内山:「やっぱりそうですよね。で、どうでしょう?何かいい方法はありますか??」

岡崎:「うん。無いよ」

内山:「ん?無い??」

岡崎:「そう。無い。残念ながら1回でビシッと仕事を覚えさせる方法なんて無い」

内山:「やっぱりそうか…」

岡崎:「人は忘れる生き物だからね。<プレゼン編>の時も言ったけど、10個のことを
    教えたとしても時が経てば8個のことは忘れる」

内山:「そういえばそんな話ありましたね。”忘却曲線”でしたっけ?」

岡崎:「そう。『10個伝えても1週間経ったら2個しか覚えていない』っていうあれね。
    こういう性質がある以上、1回で物事を全て覚えさせるのは無理だって考えた方がいいよね」

内山:「ってことは、やっぱり手間だと思っても同じことを何度も教える必要があると?」

岡崎:「そういうこと。学習の王道は『繰り返すこと』だよ」

【同じことを手を変え品を変え伝える】

岡崎:「繰り返すこと。が学習の王道なんだけど、繰り返し方にもちょっとコツがあってだね」

内山:「ほう?どんなコツですか?」

岡崎:「全く同じことを繰り返すんじゃなくて、手を変え品を変えして繰り返し同じことを
    伝えると効果は高いと思う」

内山:「手を変え品を変え?具体的どんなことですか?」

岡崎:「例えば、同じことを違う人から伝えてもらうとか、表現を変えて伝えるとかそういうことを
    すると効果は高い」

内山:「確かに同じことでもAさんだけから言われるよりも、AさんとBさんの両方から言われたほうが
    印象に残って覚えられますね。
    表現を変えるっていうのは、このメルマガで良く使われてますね。実際に今回の
    『繰り返し伝える』っていう話も<プレゼン編>と今回で繰り返してますし」

岡崎:「このメルマガが”物語”と”解説”に分かれているのも、その効果を狙ってのことだしね」

内山:「同じことでも、角度を変えて伝えると効果的ってことですね」

【ポイントを絞ってみる】

岡崎:「あと、毎回最低限覚えて欲しいポイントを伝えるってのも効果的だと思うよ。
    例えば、1~10までの一連の流れを伝えるだけ伝えておいて『今回は1と2だけは覚えておいてね』
    って言ってみるとか」

内山:「『これだけは覚えて』っていうポイントを絞って貰えるのは教えられる側としてはありがたい
    ですね。でも、1と2だけを覚えて欲しいなら最初から10まで伝える必要は無いと思うんですけど
    その辺りはどうなんでしょう?」

岡崎:「うーん。その辺りは状況とか人によるけど、俺としては一旦全体を伝えておいて、
    『まず覚えて欲しいのはこれとこれ、あとは今は覚えなくてもいいよ』って言った方が
    良いような気がする。『覚えなくてもいいよ』って言われたことでも、情報が頭の片隅に残ってて
    2回目3回目に言われたときに『あ、あのことだな』ってなることもあるから」

内山:「その辺りは人を見て臨機応変にってなりそうですね。でも、毎回『今回はこれを覚えてもらう』
    ってことを意識して教えるっていうのは重要ですね」

ということで、今回は『繰り返しが重要』っていう話でした。
同じことを何度も繰り返すのは苦痛なことも多いですが、こういうことが重要なので、
頑張ってやってみて下さい。

次回もお楽しみに!

メルマガ登録はこちら