こんにちはMPCの外山です。

雨の日が続いています。先々週ぐらいに「雨が降らない」と
言いましたが、何とかなってますね。

さて、前回の最後に「人への投資は波及効果がある」って言いましたが、
今回はその話です。

では、どうぞ

—————————————————————–
岡崎:「いやー、今日は疲れた~」

内山:「今日は何かあったんですか?」

岡崎:「仲間内で経営の勉強会やってね。そこで色々話をしてきたら疲れちゃった」

内山:「それはお疲れ様です。でも残念ながら今日はもう1つ僕との勉強会がありますよ」

岡崎:「そうだった…」

内山:「そんな嫌な顔しない!で、今日はどんな話ですか?」

【人への投資の波及効果】

岡崎:「今日は”人への投資の波及効果”の話をします。”教育の波及効果”って
    言ってもいいけど」

内山:「なんか前回も”中の人”が「人への投資は波及効果がある」って言ってましたね。
    でも、”波及効果”ってどういうことですか?」

岡崎:「えっとね。例えば、ある人が知識やノウハウを習得するとそれを他の人に
    教えることがあるでしょ?」

内山:「あー、ありますね。実際僕も岡崎さんが学んだことを教えてもらってますからね」

岡崎:「で、さらに内山君は自分が学んだことを従業員さんとか他の人にも教えてるでしょ?」

内山:「そうですね」

岡崎:「これが波及効果。要は俺への投資の効果が内山君と内山君の周りの
    人たちにも波及していってるわけだ」

内山:「なるほど。つまり、先生と生徒の関係で1人の人が学んだことが、次々と他の人にも
    伝わっていくってことですね」

【数字を使って波及効果を考えてみる】

岡崎:「この波及効果をもっとイメージするために、数字を使って考えてみようか。
    例えば、Aさんが3万円を投資して教育を受けたとします。その結果1万円を稼ぐ
    ことが出来るようになりました。この時点ではまだ投資の効果は出てないよね?」

内山:「そうですね。むしろ投資額>効果額になっているので、マイナスですね」

岡崎:「ところが、Aさんが自分の得た知識をBさん・Cさん・Dさんにも伝えて3人も1万円稼ぐ
  ことが出来るようにすればどうなる?」

内山:「4人それぞれが1万円稼げるから合計で4万円稼ぐことになりますね。そうしたら
    投資額<効果額になるから投資の効果が出始めますね。それに更にA・B・C・Dそれぞれが
別の人に知識を伝えていったら効果はもっと増えますね」

岡崎:「そういうこと、まあこの例は100%上手く行ったらの話だから実際はここまで上手いことは
    いかないけど、一応単純に考えればこうなる。ちなみにこの理屈で成功を収めた有名な
    企業の例があるけど知りたい?」

内山:「知りたいです。どこですか?」

岡崎:「トヨタ自動車」

内山:「え?そうなんですか?」

岡崎:「うん。トヨタは大野耐一さんって人が編み出した考え方や知識・ノウハウを大野さんの弟子達が
    受け継いで、さらにその弟子に伝えて…って感じで成長していったんだ。で、出来上がったのが
    トヨタ生産方式」

内山:「なるほど。でもそうやって考えると、人への投資って上手く行けば投資収益率めちゃくちゃ
    高いですね」

岡崎:「そうだよ。まあ、そのためには上手く行かせるための仕掛けも作っていかないといけないけどね」

【負の波及効果】

内山:「でも、よく考えたら悪い方に波及効果が出ることもありますよね?上の例だと、良いことを
    学んだから良い効果が出てるけど、悪いことを学んだら悪い効果が波及しますよね」

岡崎:「お!するどいね。そうだよ。もちろん”負の波及効果”が出ることもあるよ。
    例えば、Aさんが「仕事なんか適当にやっておけばいいんだよ。インチキすればいいんだよ」
    っていうよろしくないことを部下や後輩に伝えたらどうなるか?」

内山:「部下や後輩も適当に仕事してインチキするようになりますね」

岡崎:「そうだよね。当然そうなる。企業の組織的な不祥事なんかはこの負の波及効果が
    発生した最たる例だよね。で、怖いのは負の波及効果のほうが発生しやすいってこと。
    人間誰しも「楽したい」「大変な思いはしたくない」って気持ちはあるからね」

内山:「ってことは早めに良いことを教育しないとだめですね」

岡崎:「そういうことだね。後々から修正するのは大変だからね。でも、早めに手を打てば
    ちょっとしたことでがらっと良い方向に変わったりするから、諦めずに頑張って欲しいな」

ということで、今回はここまでです。
良い面でも悪い面でも教育には波及効果があってその効果は馬鹿に出来ないって
ことを頭に入れておいていただければと思います。

次回もお楽しみに!

メルマガ登録はこちら