こんにちはMPCの外山です。

今回から新シリーズ<人材育成編>スタートです。

約2ヶ月登場がなくて内山さんと岡崎さんがうずうずしていると思うので、
早々に物語に行きます。

————————————————————————-
岡崎:「どーも皆さん。こんにちは!」

内山:「こんにちは。って岡崎さんテンション高いですね」

岡崎:「久しぶりだからね!」

内山:「約2ヶ月ぶりですね。ところで、今回からはどんな話ですか?」

岡崎:「今回からは<人材育成編>を始めますよ」

内山:「どんな内容ですか?」

岡崎:「えーっと、人の育て方に関する話」

内山:「いや…。それは分かってますけど…。シリーズの構成はどんな感じなんですか?」

岡崎:「うーんと…。未定ですな…」

内山:「え?そうなんですか??」

岡崎:「うん。まあ、とりあえず人材育成をキーワードに色んな話をしていこうと思ってます。
    何となくだけど、読者の人もそっちの方が拾い読みとか出来ていいんじゃないかな~
    って思ってね」

内山:「なるほど、分かりました。じゃあ、お願いします」

【「人」にどれだけ時間とお金を投資していますか?】

岡崎:「まずちょっと聞きたいんだけど、内山君の会社って設備にお金と時間って結構使ってる?」

内山:「え?あの、人の話じゃないんですか?」

岡崎:「いいから教えてよ」

内山:「うちはメーカーですからね。メンテナンスも含めたらそこそこお金と時間使ってるかな」

岡崎:「なるほど。もう1つ質問だけど、内山君は「人」と「設備」どっちが大事?」

内山:「そりゃ「人」ですね」

岡崎:「ってことは、内山君の会社では「人」を育てるために結構お金と時間使ってるの?
    研修に出したり、OJTしたり、QC活動したりとかしてるの?」

内山:「えーと、それはしてないですね…。研修って言っても新入社員教育と年に1回~2回よさそうな
    講習会とかあれば従業員を出してるぐらいですね。OJTもあんまり「教育」って意識はないかなぁ」

岡崎:「それおかしくない?「人が大切」っていうなら、「人材育成にも結構お金と時間使ってますよ」
    って言ってもいいと思うんだけど…」

内山:「そうですね…」

岡崎:「と、まあ意地悪な質問しちゃったけど、今回言いたいのはそこ。「人を育てるために時間とお金を
    投資してますか?」ってこと。たまに思うんだよ皆「企業は人だ」とか「人材育成が課題です」って
    言ってるけど、そこにちゃんと時間とお金投資してるのかなって」

内山:「確かに…。うちも設備投資は毎年計画作ってやってるけど、人材育成はそこまでやってないですね。
    そのくせ「人材育成が課題」って言ってますね」

岡崎:「そこなんだよね。俺は「人が大切」っていうなら設備と同じように計画立てて、投資すべきだと思うんだよね」

【やらなくてもなんとかなっちゃう人への投資】

岡崎:「人への投資の怖いところって何だか分かる?」

内山:「え?怖いところ??不安にさせるようなこと言うな~。何ですか?」

岡崎:「やらなくても何とかなっちゃうところ」

内山:「ああ、なるほど。設備は投資しないと設備が止まったりして仕事が出来なくなりますけど、
    人は投資しなくてもなんとかやっていけちゃいますね。現にうちは何とかなってるわけだし」

岡崎:「そう。だから、設備投資はやらざるを得ない状況に追い込まれるけど、人への投資は
    そこまでならない。だから、「やらなきゃ」って思いながらずるずるとやらないままって状況になる。
    で、これが怖いんだよね。ずるずると時が過ぎたまま5年10年たって「人が育ってない」ってなるから。
    さらに困るのは、設備は投資してすぐに使えるようになるけど、人は投資したからと言ってすぐには
    使えるようにならないからね。「今日リーダー研修に出したから、明日からリーダーとして働けます」
    ってことにはならないんだよ」

内山:「何て言うか、病気に例えると糖尿病的な怖さがありますね」

岡崎:「直接的に問題は起こらないけど、合併症を引き起こすっていう面でも同じだね」

内山:「将来困らないためにも、今のうちから少しずつでもやったほうがいいですね」

【優良企業ほど人材育成に積極的】

内山:「でも、人材育成への投資ってみんなどれくらいやってるんだろ?」

岡崎:「その質問来ると思って調べてみた。産労総合研究所ってところの調査結果が
    公開されてるけど、それを見ると従業員数299名以下の中小企業が
    1年間に1人当りに掛けている研修費用は2015年で約25,000円ぐらいだね。
    これは研修に行かせる費用だから社内でやる教育の費用は含まれてないけどね」

内山:「なるほど…。ちなみに大手はどれくらいなんですか?」

岡崎:「えっと、同じ資料によると1,000人以上の会社が約40,000円。300~999人の会社が
    約37,000円ぐらいだね。あと、もう1つ面白いデータも見つけたけど知りたい?」

内山:「知りたいです」

岡崎:「実はパワーショベルとかを作っている小松製作所が自社の人材育成の費用等々を
    公開してるんだけど、それを見ると2015年は1人当りの研修費用が244,000円
    研修に掛けた時間が96時間ってなってる」

内山:「え?そんなに??」

岡崎:「細かいデータまでは公開されてないから、どんな教育にどれだけ時間とお金を掛けているか
    までは分からないけど、最低限これだけはやってるってことだね」

内山:「小松製作所ってかなりの優良企業ですよね。やっぱりそういうところは人への投資も
    しっかりやってるんですね」

岡崎:「そうだね。大手の人材は優秀ってイメージがあるけど、そういう人を育てる努力もかなりやってる
    ってことだね。さすがに中小企業でここまでやるのは難しいけど、「投資して育てる」って
    意識は持って欲しいかな」

内山:「そうですね…。ちょっと出来ることから考えてみよ」

ということで、今回は人への投資の話でした。

こんな感じで思いついたことを順次お話していくつもりなので、次回以降もお楽しみに!

では・・・。

メルマガ登録はこちら