こんにちはMPCの外山です。

「2回で終わる」と言っていた新入社員教育についての話ですが、今回もやります。

前回までは「新入社員側に対する話」でしたが、今回は「新入社員を受け入れる側に対する話」です。
新入社員を受け入れる会社側に対して言っておきたいことを書きます。

【桃栗3年柿8年】

いきなり「名言シリーズ」のような見出しです。何が言いたいのかと言うと…。

『新入社員は使いものになるまでに3年掛かる』

ってことです。桃とか栗が苗を植えて、実が収穫出来るようになるまで
3年掛かるように、新入社員も入社してそれなりの成果を出せるようになるまで3年は掛かります。

その間はずーと教育費用等々持ち出しです。要は赤字ってことです。
実際私も新入社員で入社してから3年ぐらいはずっと何の役にも立っていませんでした。
むしろ迷惑しかかけてなかったと思います。(3年以上たっても同じだったかも…)

新入社員なんてこんなものです。入社式などでは「皆さんが即戦力として活躍することを…」といったような
ことを言うこともあるでしょうが、本気でそんなこと期待してはいけません。
(新入社員の気を引き締めるために言うのはOKです!)

新入社員というのはこちらが思っている以上に「出来ないこと」が多いです。
なので、”即戦力”を期待する気持ちは分かりますが、過剰な期待はしない方が良いです。

前回やたらと「フォローを…」と言いましたが、あれも「育つのに3年掛かる」という気持ちでやらないと
出来ません。即戦力だと思っているとイライラするだけです。
極端なことを言ってしまえば、「即戦力が欲しいなら中途採用で経験者を採用しろ」って話です。
(実際に私も採用の件で相談されたときに”即戦力”を求めているなら、中途採用をおすすめしますしね)

あと、以前どこかの本か経営者さんの話だったかで聞いたのですが、
「3年未満で育つやつは今後の伸び白が少ないので、面白くない」そうです。
こうやって考えれば、じっくり育てようという気にもなりませんか?

折角採用した新入社員なので、じっくり育てましょう。

(ちなみに桃栗3年柿8年の”柿8年”が何なのかはいずれ話します)

【教育計画を立てよう】

新入社員を採用したら(というかする前に)教育計画は立てておきましょう。
教育計画と言っても「4月:新入社員研修、5月:現場配属、あとはOJT」
っていうのは教育計画とは言いませんからね。

大変かもしれませんが、1年スパンぐらいでの計画は立てましょう。
「OJTはどんなことを教えて、何を出来るようにして、誰が教えて、外部の研修は何回出して…」
みたいな感じで計画を立てて下さい。

あと、作った計画は新入社員にも見せてあげて下さい。彼らも慣れない環境で先が見えなくて
不安なので、今後何するのかの予定は示してあげて下さい。
それに、計画を見せることによって「会社はあなたにこれだけ期待してるんだぞ」という意思表示にも
なります。

【教育する人の教育も必要】

新入社員を教育する人、つまり、「社内の先生」も育てておく必要があります。
恐らく職場の先輩とか直属の上司がその役割になると思いますが、
この人たちにも「何を、どこまで、どうやって教えるのか。」という教育は必要です。

具体的には、「何月までに○○の仕事を教える。何月までに一人で出来るようにする」とか
「フォローはこのタイミングで入れろ」とか「安全に関することは厳しく指導しろ」とか
そんな感じです。

意外とここ盲点です。いきなりある日「お前今年の新入社員の指導係な」って
言われても指導係に指名されたほうは困るわけですよ。で、それなりに考えて
やってくれればいいですが、適当に指導されると後々困ることになります。

ですので、教育する人の教育もしておきましょう。

【新入社員を採用する意味】

3回に渡って「新入社員教育」について書いてきたわけですが、新入社員採用は
はっきり言って面倒です。それに、活躍してくれるまでに時間も掛かるわけで、
”戦力”が欲しいなら中途採用で人を採用した方がいいわけです。

でも、そんな中でも新入社員を採用するのはなぜか?メリットは?私の考えは…。
『既存の社員の教育のため』
です。

新入社員が入社してくると「当たり前のこと」を1から教えないといけません。
ということは、教える側からすればその当たり前のことを「なぜやるのか?」
「どうやって教えたらいいのか?」ということを真剣に考えないといけません。

中には「今まであまり考えてなかったこと」を改めて考え直すきっかけに
なることもあるでしょう。それに「新しい社員が入って来るから、自分達は
もっとちゃんとしなきゃ」と思うこともあるでしょう。

これが大切です。こうなれば社員全体のレベルアップに繋がります。

先ほど、「新入社員を採用しても3年間は赤字」ということを書きましたが、
この「社員全体のレベルアップ」の効果が得られれば、赤字どころか
むしろ黒字になると私は考えています。

今年新入社員を採用された会社さんは、この効果が得られるように今後の教育をして頂き、
「新入社員採用しようかな?」と迷われている会社さんはこの効果を得るために
来年は前向きに採用を検討されてはいかがでしょうか?

ということで今回は以上です。中々大変ですが、少しでもいい社員を育てられるように
頑張って下さい。

次回からはまた<組織編>に戻ります。どこまで書いたか忘れましたが(笑)
多分、次回からは「行動の統制」の話でよかったと思います。

では・・・。

メルマガ登録はこちら