こんにちは、MPCの外山です。

確定申告の季節がやって参りました。「今年は早めに終わらせるぞ!」と
思っていますが、果たしてどうなることやら…。

前回は「目的地はどこですか?」というタイトルで「目的」とか「どうなりたいのか?」と
いうことについて書きましたが、今回は同じ”目的”繋がりで「利益とは何なのか?」と
いうことについて書きたいと思います。

【会社の目的は利益?】

先日少し中学校(高校だったかな?)の公民の教科書を見る機会があったのですが、
そこに”私企業は利潤を得ることを目的とする”みたいな記述がありました。

教科書的には(経済学的には)この答えでいいのかもしれませんが、どうも私は
この考え方に違和感を感じます。

商売をやられている方なら何となく分かると思いますが、
『会社(商売)の目的は利益をあげることである』
って言われて納得出来ますか?

皆さんのお子さんが…。
「学校で”利益”のことを習ったよ。会社って”利益”をあげるためにあるんだよね。」
って言ってきた場合に、「うん、その通りだよ」ってはっきり言ってあげられますか?
何かちょっと違和感を感じませんか?

じゃあ、「利益」って一体何なのか?

【利益は目的ではなく、条件である】

「利益とは何か?」という問いに対する答えの中で、今まで私が一番しっくりきたのは…。
『利益は目的でなく、条件である』
という答えです。(これ、ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、ピーター・ドラッカーさんの言葉です。)

要は…
『利益とは目的ではなくて、何かをするために満たしておかなければいけない条件に過ぎない』
ってことです。

例えば、「自分のアイデアを世の中に出したい」とか「お客さんの喜ぶ顔が見たい」とか
「従業員さんと自分の家族の生活を守りたい」とか、何かしらの「やりたいこと」とか「めざす姿」が
あったとします。(前回の表現を使えば”目的地”ってことです)

これらの「やりたいこと」「めざす姿」を実現するためには(目的地に行くためには)、
満たしておかないといけない前提条件があります。それが、「お金を儲けること=利益」です。

別の言い方をすると…
『利益とは、(目的地に行くための)切符である』
とも言えます。

どこかへ行きたいと思ってもそこまでの切符を持ってなかったら行けないですよね?
それと同じです。

【利益を目的にしない】

今回何でこんなことを書いたのかと言うと、
『”利益をあげること”を目的地にして欲しくないから』
です。

もちろん、「利益を出すことが当面の目標だ」というのは分かります。
分かりますが、そこで満足しないで頂きたいんですよ。その先を目指して頂きたいです。

そもそもが、教科書通りに皆が利益を目的にしたら、世の中つまらないですよ。
というか利益以上の目的があるからこそ、「儲けよう」「利益を出さなきゃ」って頑張れると
思うんです。

『利益を出すことは通過点に過ぎない、自分達にはもっとやりたいことがあるんだ』

そんな認識で皆さんが商売やお仕事をして頂ければ、嬉しいです。

今回はここまでです。

では・・・。

メルマガ登録はこちら