こんにちは、MPCの外山です。

先週の「ひとこと」のコーナーで、このメルマガのことについて書きましたが、もう一つ
よく言われることがありました。

「どうして毎週あのボリュームのメルマガが出せるの?」

これはかなりの確率で言われます。
飽きっぽい性格の私がなぜ毎週こんなことをしているのか?それは…

「MPメルマガはウチの商品だからです!」

コンサルティングや研修・セミナーと同じようにメルマガも”情報配信サービス”という商品です。
ただ、料金設定については皆さんに気軽に利用して頂けるように、低価格の0円にしています。

つまり、読者の皆さんは私にとってはウチのサービスをご利用頂いている「お客様」です。
(だから、このメルマガも”申込み”を頂いた方のみ配信しています。あれは私と皆さんとの
間の”サービス利用契約”です)

まあ、こんな認識でいるので、毎週頑張っています。
(だからと言って、皆さんは変に構えないでくださいね。今まで通り気軽に読んで下さい。)

冒頭が長くなりましたが、今回も単発編です。今回のテーマは「ポジティブシンキング」です。

【こんなときどうしますか?】

さて、いきなり質問です。ちょっと想像して下さい。

「あなたが車を運転していたとします。その時急に目の前に猫が飛び出してきました、驚いたあなたは
反射的に急ハンドルを切りました。すると、横のガードレールにぶつかってしまいました。
車は動きますが、ドアがへこんでおり修理が必要です。幸いあなたにはけがはありません。」

この場合、皆さんはどう思いますか?

「あ~、車ぶつけちゃった…。ついてないな…」
まあ、こんなことを思うのが普通でしょう。最初はこんなもんです。
が、問題はこの後です。この出来事をどう考えますか?

私はこういう場合…
「事故ったけど、けがしてないし、車もドア程度で済んで良かった」
と考えるようにしています。(ちなみに上は私の実例です)

要は…
『もしかしたらもっと悪い結果になったかもしれない。この程度結果で済んだのはラッキーだ』

と考えるように(自分に思い込ませるように)しています。

【どうしてこんな考え方をするのか?】

なぜこんな考え方をするのかというと…

『平常心を失いたくないから』

です。嫌なことがあった後にそれを引きずると、平常心を失います。平常心を失うと
正常な判断や行動が出来なくなります。最悪の場合それが原因で”二次災害”が起きます。
これが嫌なので、私は嫌なことがあっても都合よく考えて引きずらないようにしています。

なので、私は感情を出して怒るとか、焦って取り乱すことがほとんどありません。
というよりも、そうしないようにしています。
(まあ、こういう奴のことを「可愛げがない」と言いますが…)

【「怒らないと損」という考え方について…】

世の中に「とりあえず、怒らないと損」という考え方をしている人たちがいます。

レストランで料理が遅かったら「なんで遅いんだ!」って怒ったり
電車が遅延したら「どうしてくれるんだ!!」ってやたら噛みつく人たちです。

こういう人の話を聞くと「怒らないと損」みたいなことを言いますが、私はどうしても
その考え方に共感出来ません。

相手方に何かしらの落ち度があった場合それを指摘したり、自分の意見を主張することは大切です。
それはやったほうがいいです。でもそれはお互い冷静に論理的(つまり平常心)でやるから意味があるので
あって、「とにかく相手に感情をぶつける」のとは違うと思います。

「怒ったり、落ち込んだりする…」 それで何かが変わるの??】

時々上のように、やたら人に怒ったり、嫌なことをずーと引きずったりする人に出会いますが、
その度に私は「怒ったり、へこんだりしたら何か変わるの?」と思います。

理不尽でも何でも、人に怒ったり、わめき散らしたりすることで、状況が改善するならそうすればいいと
思います。「電車遅れたぞ!どうしてくれるんだ!!」って駅員さんに食って掛かったら
時間が戻るなら私もそうします。

「あ~、事故った…。ついてない…」ってずっと思い続けてたら、いつの間にか車が治っているなら私もそうします。

でも、そんなことにはならないですよね?むしろ平常心が失われる分損するだけです。
だったら、ポジティヴに都合よく物事を考えたほうがよくありませんか??

【仕事の場での考え方】

最後に私の場合こんなときは(無理やり)こう考えるようにしている。という例をいくつか紹介します。

「仕事で部下や後輩がミスをした」→「この程度のミスで済ませてくれてよかった。この程度で食い止めてくれて助かった」

「お願いした仕事が出来ていない」→「でも、ここまでは出来ている。少しは出来ているからこの前よりは進歩だ」

「売上が下がった」→「この程度で下げ止まってよかった。」「新しい打ち手を考えるチャンスだ」

「考えた打ち手が上手く行かなかった」→「この方法だと上手く行かないということが分かった。有効なデータが得られた」

「怒られた」→「勉強させてもらった」

「変な人に絡まれた」→「変わった人と話せた、またひとつ自分の世界が広がった」

こんな感じで毎日乗り切っています。
何でも都合よく考えて、ポジティヴになった方が毎日楽しいですよ!

ということで、今回はこの辺で

では・・・

メルマガ登録はこちら