こんにちは、MPCの外山です。

紅葉の季節が近づいていますが、混雑に巻き込まれるのが
嫌なので、今年は見に行こうかどうか悩んでいる今日この頃です。

今回で「目的と手段」の話は最後です。

第2部:問題解決編
・問題解決の基本 ~「だから何?どうなる?」という問いかけ~
・目的と手段 ~「何のためにそれをやるんですか?」~ ←今回でここ最後です
・仮説思考 ~シミュレーションをしてみる~

【立場が変われば言ってることが変わるのは当然】

前回『目的と手段は相対的なものである』という話をしました。
ちょっとこのことでまだ言いたいことがあるので、今回はここから始めます。
会社勤めの方は分かると思いますが、上司の方が昇進した後と、する前で
言ってることが違ったりすることありませんか?

「Aさんは課長の時はこう言ってたのに、部長になったら違うこと言ってる…」

みたいなケースです。(たまにありますよね?)

さて、これはおかしなことでしょうか?

別におかしなことではないです。前回の目的と手段の関係の考え方からすると
この場合、Aさんは昇進して一つ上の世界に行ったので、目的と手段=言ってることが
変わるのは当然のことです。むしろ、組織としてはAさんが課長時代と同じことを言ってる方が問題です。
肩書きだけ変わって中身は変わってないわけですから。(厳しい言い方をしてしまえば、
部長としての役割を果たしていないということになります。)
会社そのものに関しても同じです。

「今まで売上重視って言ってたのに、利益重視に変わった」

っていうのも別におかしなことではないです。
会社の立場(例えばこの場合は、事業開始直後から安定期に入った)や環境が変われば
会社としての方針が変わるのも当然です。
むしろ立場や環境が変わっているのに、ずーと同じことを言い続けている方が問題です。
ちなみに私も同じです。よくあるケースとして、品質対策を求められると
最初は「検査工程を増やせ」って言いますが、その後「検査工程を減らせ」と真逆のことを言うことがあります。
これは、その会社さんが「品質レベルを向上させる段階」から「効率を上げる段階」に変わったから言うことも違ってきます。

ということで、立場や環境によって言ってることが変わることは当然だと思って下さい。

ただし、会社としての理念とか、人としての在り方とかそういう根本的な部分が
コロコロ変わるのはおかしいので、気を付けて下さい。

【目的を考えるのは誰か?】

さて、では最後に「目的を考えるのは誰の役割か?」という話をして終わりにします。

まず原則は「一人ひとりが自分で考えろ!」です。

ただ、これを会社という組織にそのまま適用するのはダメですよね?
一人ひとりのメンバーが勝手気ままに自分の仕事の目的を考えられて行動されては
組織としてバラバラになってしまうので…。ある程度の縛りを設けた状態で考えさせて下さい。

じゃあ、どうするか?

『「方針」という形で、メンバーに上の世界の情報を提供して下さい』

「(会社として、部として、課として)何をしたいのか(目的)、そのために何をするのか(手段)」
この情報を組織のメンバーに提供して下さい。まず、これが必須の条件です。
これが無ければ、いくらメンバーに「目的を考えろ」って言っても無駄です。

前々回に「上の世界を知らなければ、目的は考えられない」と言いましたよね?
なので、まずは上の世界の情報を提供して下さい。

よく「優秀なリーダーの条件」みたいな話が出ますが、優秀なリーダーとは、
「方針をメンバーに明確に具体的に伝えることが出来る人」です。
「声が大きい」とか「怖い」とか「面倒見がいい」とかいうのはリーダーの条件ではないです。
「声が大きい」「怖い」は恐怖によって人を動かしているだけであり。
「面倒見がいい」というのは懐柔によって人を動かしているだけです。
この場合、メンバーとしては、その時の感情によって動いているだけであり、
リーダーの働きによって動いているわけではありません。
ただ、方針を示すと言っても

社長「会社の業績を上げるために売上を上げろ」

部長「会社の業績を上げるために売上を上げろ」

課長「会社の業績を上げるために売上を上げろ」

担当「はぁ?」

これじゃ意味ないですからね。
この状態だったら、部長と課長は必要ないです。
(ちなみにこの状態の会社さんで担当の方にヒアリングすると「上は何やりたいのか分からん」
部課長にヒアリングすると「下が動かん」という答えがかなりの確率で返ってきます)
一方、下の方も上司の方が「上の世界の情報」を提供してくれたなら、しっかりと自分の仕事の目的を考えて下さいね。
「上が指示しないから」という考え方では駄目ですよ!

あと、「考え方が分からないから出来ない」という言い訳もこのメルマガを
読んでしまった以上、これからはもう通用しませんよ(笑)
ということで、長くなりましたが「目的と手段」の話はこれで終わりです。
次回はロジシン編の最後のテーマ「仮説思考」です。

では・・・
——————————————————————————
今日のひとこと

ロジシン編もいよいよ終りに近づいてきました。
ロジシン終了後の企画ですが、少し単発ネタをやってから新シリーズの予定です。
新シリーズは「組織」でいくか「営業」でいくか迷ってます。

ご要望があれば、教えて下さい。
_________________________________________________________________________________________________________________________

【お知らせ】

●生産管理コンサルティングサービス承ります。

・「見える化」「生産性向上」「収益性の向上」など、生産部門向けのコンサルティングを
行っています。ご興味のある方は一度お問合せ下さい。

___________________________________________________________________________________________________________________________

メルマガ登録はこちら