前回補助金・政策制度の本来の使い方(というか、補助金制度を使う上での姿勢ですね)について書きました。

今回は補助金・政策制度を使うことによる副効果について書きます。

補助金の主効果は「資金調達」です。では、副効果はというと
①事業を真剣に、具体的に考えることができる
②実行のきっかけになる
③経営者・社員の士気が上がる
この3つかなと思います。

特に①ですが、これが副効果としては最も大きい。むしろ長期的に考えればこれが主効果になる場合もあります。
補助金(経済産業省のものづくり補助金やサポインなど)の申請をやられた方は分かるかと思いますが、まず申請資料の作成が大変です。

もの補助を例に取ると、事業の概要説明から始まり、市場性、技術の説明、技術的課題と解決策、スケジューリング、事業化を行うにあたってのターゲット、販路、事業化の課題と解決策、事業化のスケジューリング、事業の実施体制、将来の売上・収益の予測、資金調達の方法等々。細かいことまで考えて申請書を作らないといけません。(申請書の様式を見るとA4用紙1枚でペロッとなってますが、あれそのまま埋めて提出したらダメですよ)

採択の申請が終わっても、その後、交付申請、実施確認、完了申請の手続きがあるので、いい加減なことは書けません。(ここでいい加減なことを書くと後々苦労します。)
で、散々考えて時間を使って申請書を作っても、落ちるときは落ちます。

補助金は書類を出せば通るものではありません。だから、真剣に考えます。誰に対して、何を、どうやって商売するのか、これを何も知らない人が分かるように、具体的に書面に書くわけです。

このプロセスが非常に重要!事業計画を考えて・書くことでそれまで曖昧だった部分が具体的になってきます。課題も明確になります。今後やらないといけないことが分かってきます。仮に上手くいかなかった場合でも後から何がいけなかったのか分析ができます。そして、実行性が出てきます。

実際に私に依頼をされた社長さんからも
「補助金が取れなかったことは残念だけど、事業計画を考えることが出来たのはよかった。
だから、補助金は無いけど、独自に資金調達をしてやってみます。」
とのお声を頂いたこともあります。
(補助金が取れなかったのは私の力不足です。すいません・・・)
と、いうことで補助金制度の公募にチャレンジすれば、「資金」以外にも得られる資産があります。
今年度補正予算・来年度本予算と様々な支援制度が用意されているので、気になる方、
やりたい事業がある方は一度チャレンジされてはいかがでしょうか?

 

無料メルマガで補助金制度に関する情報提供を行っています。

メルマガ登録・バックナンバーはこちら