来年度の予算案が閣議決定されました。来年度も大型予算のようです。

詳しくはこちら→http://www.chusho.meti.go.jp/hojyokin/index.htm

昨年は補助金関係の仕事が多く、申請書の作成支援や相談案件をいくつかやらせて頂きました。
ありがたいことに、今年も早速いくつかご相談を頂いております。

そんな中で思ったのは、
「お金(補助金)が貰えるから事業を行うのではなく、事業をやりたいからお金(補助金)を貰うべきである」
と、いうことです。

当たり前の話ですが、意外とこれが逆転していることが多いです。

実際に私が受けた相談の中でも
「補助金が貰えるって聞いたから何かやりたい」
といったケースがありました。

同様のケースは、他の中小企業診断士の方、認定支援機関、商工会議所等でもあるようです。

補助金のために事業を行うという姿勢で補助金の申請をしても通らない(と私は思っています)ですし、仮に通ったとしてもその後苦労するので、このようなご相談を受けた場合は、お断りしています。

予算が無尽蔵にあるならばいいですが、残念ながら予算には制限があるので、本来の姿と違う(補助金のために事業をやる)のであれば本来の姿(事業のために補助金を使う)の会社が使うべきです。

世の中にはやりたいことがあるのに資金の都合がつかず、やることが出来ない会社さんも多くあります。そういう会社さんに補助金は有効活用して頂きたいです。

くどいようですが、補助金を使う際には
「補助金をもらうために」ではなく
「事業をやるために」という発想で考えてみて下さい。

 

無料メルマガで補助金制度に関する情報提供を行っています。

メルマガ登録・バックナンバーはこちら