製造業のコンサルタントをお探しなら、中小企業診断士事務所のマスタープランズにお任せください。

ものづくり補助金とは

ものづくり補助金とは

正式名称は「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」です。

中小企業や小規模事業者が商品開発(モノの開発)や生産プロセスの改善(作り方の開発)を行うために必要となる設備投資等の費用が補助されます。

補助対象者

国内に本社及び実施場所を有する中小企業者が対象です。製造業以外にも商業やサービス業の方も対象です。

補助上限額

いくつかの類型があり、類型ごとに上限額が異なります。

一般型

補助上限額:1,000万円(補助率2/3)

※補助対象費用が1,500万円→1,000万円補助
※補助対象費用が1,200万円→800万円補助

最も一般的な類型です。ほとんどの方がこの類型で公募をされていると思います。

第四次産業革命型

補助上限額:3,000万円(補助率2/3)

IoTを活用して複数のAIやロボットを導入する場合はこの類型の対象となります。

小規模型

補助上限額:500万円(補助率2/3)

小規模事業者の方が対象になります。また、小規模型には設備投資を伴わなくても応募できます。

どんな使い方が出来るのか?

事例1:製品開発

自社で新商品の開発を計画しているA社は試作品の生産のためにプレス機が必要だが、現在A社は自社でプレス機を保有していないため、今回ものづくり補助金を利用してプレス機を購入する費用の補助を受けることにした。また、製品開発に伴い、必要となる原材料費についても補助を受けることにした。

事例2:生産工程の改善

切削加工メーカーB社は顧客からの受注増加に対応するために、生産能力を増強させることが必要となっていた。B社では加工条件を見直すなどの改善を行っていたが、現状保有している設備では限界があるため、今回新たに高性能のマシニングセンタを導入して、より生産性の高い製品の作り方を開発することにした。

補助金申請を行うに当っての注意点

・申請に当っては認定支援機関の確認書が必要となります。ですので、公募を検討されている方はお近くの認定支援機関に事前に相談されることをお勧めします。認定支援機関についてはこちらから確認出来ます。

・認定支援機関での確認書の作成には一定の時間がかかります。ですので、締め切りまでは余裕を持って申請書を作成して下さい。

・本補助金申請のためには「事業計画書」の内容に基づいて審査・採択が行われます。書類を出せば通るものではありませんので、しっかりと経営計画と事業計画を作りこんで下さい。(事業計画書の作り方のポイントについては別ページにて解説しています)

●補助金採択後には事業の遂行状況の報告が必要となりますので、報告のための事務処理の体制をしっかり整備しておいて下さい。

●補助金の清算は後払いです。補助事業の遂行から補助金の支払いまでの間にはタイムラグがありますので、余裕を持って資金の準備をして下さい。

●補助金の利用は事業を成功させるための「きっかけ」に過ぎません。補助事業の終了後も事業の継続や見直しを行って、経営をさらに良いものにしていって下さい。

受付期間

平成28年11月14日(月)~平成29年1月17日(火)

公募要領

各地の中小企業団体中央会ホームページより公募要領と申請書類のダウンロードが出来ます。応募に当っては必ず公募要領に目を通して下さい。

全国中小企業団体中央会

ご相談はこちらまで TEL 050-5318-3497 受付時間 9:00-18:00

PAGETOP
Copyright © Masterplans Consulting All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.